【転職4回経験者が語る】内定辞退して後悔したこと学んだこと

内定辞退して 後悔したこと 学んだこと

内定をもらった企業を辞退をして後悔しないかなとお悩みではありませんか?

内定辞退で後悔したくなければ転職の軸をしっかり持つことが大切です。

転職4回経験の私も1人では転職の軸を決めることができず、内定辞退をして後悔をしたことがあります。

転職軸を持っていれば確実に内定辞退後の後悔は減ります。

1人で転職の軸ができない場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

今回は後悔したこと、学んだことをご紹介します。

内定辞退して後悔したこと

同時進行企業を断った時

転職活動は基本的に複数企業を同時進行でやることが多いです。

同じタイミングで内定をもらった時にどちらかを断らないといけない選択肢を迫られます。

内定先で働き始めてから断った企業の方がよかったのかなと後悔しました。

次が決まるまで時間がかかった

転職活動は長くなればなるほど早く決めたい気持ちが強くなります。

内定を断ったあと、決まるまで数ヶ月かかったことがあり、あの時の内定を承諾してよかったなと思いました。

小さな会社だったけど急成長

従業員が少なかったり、ベンチャー企業から内定をもらった企業が数年後に急成長してるときがありました。

未来は予測はできませんが、業界のトレンドや動向のアンテナは常に張っておいた方がいいと感じました。

内定辞退から学んだこと

転職の軸を再確認

自分が転職で叶えたいことはなんだろうと思うようになりました。

多くても少なくても転職活動が定まらないので3つがおすすめです。

これは転職エージェントの面談で教えられました。

本当に成し遂げたい部分は最初に決めておかないといけないと学びました。

転職の軸に関する本

軸を残したまま転職をして年収をアップさせたmotoさんの著書、軸ずらし転職はおすすめです。

完全未経験ではなく、業界、職種のどちらかを残したまま転職すればキャリア形成には有利だと読んで思いました。

焦って転職を決めなくてよかった

転職はなかなか決まらないものです。

つい早く転職活動を終わらせたいがゆえに内定をもらうと早く終わりたいからそこの企業でいいやと思って承諾しがち。

しかし、それでいいのでしょうか?

失敗してまた転職活動をするくらいなら焦らない方がいいです。

転職の軸がしっかりしていれば焦らずに自分が求めている企業との出会いがくるまで辛抱強く続けましょう。

内定辞退する主な理由

内定辞退する理由は多数ありますが、特にこの3つが多いです。

条件

休日、残業時間などの勤務体制、年収が自分が希望する内容と違う、また、求人票と違った内容で条件で出されたケースは少なくありません。

特に生活に影響がでる年収が大幅なダウンを理由に諦めたこともあります。

家族の反対

家族がいると転職活動も1人だけの問題ではありません。

今までの生活スタイルが変わるし、いくら自分がやりたい仕事であっても年収が大幅なダウンであったら生活するのが厳しくなってしまいます。

住まいを変えたりしないといけなくなるので家族としては不安、心配になります。

同じ時期に内定

同じ時期に内定をもらうのは珍しくはありません。

それだけ自分が高く評価されている証拠ですが、1つに絞らないといけないので苦渋の決断になります。

理由に対しての対策

内定辞退の多い理由を未然に防ぐことも可能です。

条件面であれば企業に相談

給料面が一番気になるかと思います

交渉してみて年収がアップした事も珍しくはありません。

自分で企業に交渉も可能ですが、どうしても求人票の給料レンジの一番少ない金額にされがちです。

年収交渉なら転職エージェントの利用がおすすめです。

お金のことを自分からはなかなか言いにくいことを企業との間に入って交渉してくれます

過去の転職で年収350万から400万円へ50万アップした時も転職エージェント経由でした。

転職活動する前に家族会議

内定をもらってから家族に相談しても家族も急な決断はできません。

1人だけの問題にはせず、転職活動をする前に家族に転職で叶えたいことや譲れないことを話し合うべきです。

家族に話す前に自分が転職軸が決まってないと家族に伝えても不安になるので必ず先に決めましょう。

内定辞退に関するQ&A

内定辞退は悪いこと?

内定辞退自体は悪いことではありません。

自分の人生は自分で決めることなので企業側に合わせる必要はありません。

企業も入ってすぐ辞められてはまた求人を出して採用コストがかかるので無理をしてまで入ってももらうことはないかと思います。

自分の会社に入りたい人材を採用したいのが本音です。

内定辞退は電話が好ましい

内定辞退する際は電話が好ましいです。

電話をする際もいきなり電話をするのではなく、事前に採用担当者にメールで内定通知に関して電話の都合が合う時間がないか確認をしましょう。

電話の日程も採用担当にあわせるようにしましょう。

電話が苦手ならメールでも可

電話をするのが苦手な場合はメールでも可能です。

私も電話が苦手だったのでメールで内定を辞退しました。

印象は悪くなってはしまいますが、電話でうまく伝えられない場合はメールも1つの選択肢です。

実際に使用した内定辞退メール文

お世話になります。内定通知をいただきました〇〇と申します。先日は面接のためにお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。

大変申し上げにくいことなのですが、この度は御社よりいただきました泣いて内定を辞退させていただきたいと思い、ご連絡させていただきました。

家族とも相談し、充分に考え悩んだ結果、誠に残念ながら辞退させていただきたく、決断いたしました。

御社には大変ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。

何卒宜しくお願い致します。

電話もメールも苦手な場合は内定辞退代行を

内定辞退代行にはリクセルがおすすめです。

おすすめポイント
  • 内定辞退成功率100%
  • 業界最安根の19,800円
  • 返金保証付き
  • 賠償金・訴訟トラブル0件
利用者の声

1週間悩んでいましたが勇気を出してリクセルさんに依頼したら1日で解決しました。

【リクセル】内定辞退代行サービス | 業界最安値の19,800円!即日対応可能より引用

内定先や転職エージェントと一切連絡をとることなく内定辞退できてすごく助かりました。

【リクセル】内定辞退代行サービス | 業界最安値の19,800円!即日対応可能より引用

リクセル担当者さんがすごく丁寧に対応してくださり、スムーズに退職することができました。

【リクセル】内定辞退代行サービス | 業界最安値の19,800円!即日対応可能より引用

19,800円とお金はかかってしまいますが、苦手な部分を代わりに行ってくれるので検討はありです。

再応募はできる?

できるかは企業次第になります。

過去に再応募はできたことはありましたが、一度断った企業なのでマイナス評価のスタート、選考に不利になることは理解しておきましょう。

マイナス評価を覆すくらいの熱のこもった企業への気持ちがないとなかなか厳しいです。

仮に入社しても職場としては気まずい雰囲気になる可能性があります。

辞退した会社よりいい企業があると前向きに捉え、次の転職活動に進むのも1つです。

内定辞退と取り消すことできる?

取り消すことはできますが企業によります。

中途採用は基本的に人材を必要としています。

あなたが内定辞退をしたら企業側は次の採用候補の人に声をかけることになります。

内定を辞退する際は直感で決めるのではなく、よく考えてから回答をするようにしましょう。

まとめ:転職の軸を決めて後悔のない内定を勝ち取ろう

内定辞退は自分や企業によってあまりメリットがありません。

自分がしっかりと転職の軸を持つことで本当に行きたい企業が明確になります。

転職軸を決めることは簡単なようですごい難しいです。

全ての希望を叶える企業に出会える可能性は低いのでこれだけは譲れない転職の軸があると転職活動も迷いがなくなります。

まずは1人で考えてみて軸が定まらないようであれば転職エージェントの利用を次の選択肢に入れると効率よく転職活動ができると思います。

後悔のない転職活動にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA