仕事を辞めてから転職活動はおすすめしない

転職活動って働きながらと辞めてからのどちらがいいのか迷っている人も多いです。

思い切って仕事を辞めてから転職活動をする人もいますが個人的にはおすすめしません。

理由はなかなか決まらない焦りや貯金が減ってしまうことが精神的に辛く、職場選びの正しい判断ができなくなるからです。

筆者自身も過去4回転職してきた中で辞めてからの活動を2回経験し、同じような体験をしました。

本業が忙しいから転職活動がうまく進まないから退職を考える人もいますが、一度立ち止まって検討してもらえたらなと思います。

仕事を辞めてからの転職活動をおすすめしない理由

転職はすぐには決まらない

転職はアルバイトの採用面接みたいにすぐ採用はありません

出典:転職活動の流れ・進め方を徹底解説!スケジュールの組み方や期間について

内定をもらうまでの期間が約6か月かかります。

最速1週間で内定をもらうケースはありますが、割合としては少ないです。

仕事がなかなか決まらない不安から焦りが出始めるので注意が必要です。

貯金が減っていく不安

転職活動には色々なお金がかかります

主にお金がかかるもの
  1. 面接交通費
  2. 昼食代
  3. 履歴書に貼る写真代
  4. 履歴書、職務経歴書印刷代

1人暮らしの場合は家賃や食費の生活費がかかるので貯金がないと精神的に辛くなります。

仕事を辞めてから活動しても大丈夫な人

貯金がある人

生活費の半年~1年分があれば精神的にも安心します。

また、生活費をかけないために1人暮らしよりも実家暮らしの方が安定します。

筆者は辞めた時に70万円の貯金がありましたが、いつ決まるかわからなかったので実家に戻りました。

筆者体験談2つの事例

独身20代のケース

  • 内定をもらうまでの期間は3ヶ月
  • 応募した数500
  • 活動は毎日
  • エージェント、転職サイト、ハローワークを利用

新卒の会社を勢いで辞めての活動でした。

最初は自由を手に入れたと喜んでいましたが、転職がなかなか決まらない焦りに苦労しました。

また、1人暮らしでは金銭面では厳しいと思ったので実家に戻りました。

自由な時間ができたことでパソコン、iPodの購入や遊ぶお金など無駄遣いをしてしまったことが反省点です。

結婚子供あり30代のケース

  • 内定をもらうまで3ヶ月
  • 応募した数は300
  • エージェント、転職サイト利用

独身よりも責任感が重くのしかかります。

特に保険関係に苦労しました。

家族分の国民健康保険への切り替えは負担額が増えたのが辛かったです。

まとめ:貯金がある以外は働きながら転職活動が失敗しない

お金が減っていくことに関しては人間は敏感になりがちです。

やはり本業の収入があると安心です

働きながら転職活動をしたこともありますが、辞めてからよりもはるかに気持ちが楽でした。

もちろん働きながらだと時間を作ることが難しいです。

対策としては休みの日に集中して行うことと転職エージェントの利用です。

求人検索や面接調整は時間がかかりやすいので転職エージェントの力を借りることで働きながらでも転職活動は効率よくできます。

一度辞めてしまうと離職期間として企業側は厳しく評価してくるので今の職場が逃げ出したいくらいでなければ働きながらの転職活動をおすすめします。

後悔、失敗しない転職になるように試行錯誤しながら活動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA