転職サイトからくるオファーメールはブラック企業?

転職サイトを利用しているとスカウトメールが頻繁にきます。

スカウトメールがくるとつい嬉しくなってしまいますよね。

けどスカウトメールがくる企業って怪しくないと疑問がでてきませんか?

過去の経験上ブラック企業の可能性は高いです

理由はとりあえず人がほしいや宣伝目的のことが多いからです。

ブラック企業の可能性が高い理由

人材不足で急いで人を集めたい

ブラック企業は辞める人が多いです。

企業は人手不足を解消したいがために誰でもいいという理由でたくさんの人にオファーメールを送っている傾向があります。

宣伝目的のダイレクトメールのようなもの

うちの企業はこんな会社だよ。よければ応募してね!という内容で送ってくるケースは多いです。

3日に1回の頻度で同じ企業からオファーメールがくることがありました。

優良企業は黙っていても応募が集まる

大手転職サイトであれば年収や福利厚生などの条件がいい企業は応募が自然と集まります。

反対に条件が悪かったりする企業には集まらないので企業側はオファーメールを送ることが多いです。

特別オファーは信頼度は高い

オファーメールの中に特別オファーやプライベートオファーというものもあります。

通常のオファーメールよりも信用度が高く、求職者の履歴書をみて同じ業種、職種にマッチしている場合に送られることが多いです。

特別オファーメールもきたことがあるけど、同業種か職種のどちらかが同じでした

オファーメールがきたら応募する前に口コミを確認

オファーメールを出している企業はいつも求人募集を公開していることが多いです。

ブラック企業を引き当てないためにも予防として転職会議Openworkなどの転職口コミサイトで確認をおすすめします。

優良企業の多くは非公開求人

誰しもがホワイト企業に行きたいのは当たり前です、

ホワイト企業は転職サイトよりも転職エージェントから紹介される求人の方が年収や福利厚生などの好条件が多いです。

転職エージェントは転職サイトにも載っていない非公開求人を多く扱っています。

転職に失敗したくない、ホワイト企業に転職たいと強い希望があるなら転職エージェントをおすすめします。

まとめ:オファーメールが来たら口コミサイトで確認を

誰しもがブラック企業に行きたくない気持ちは強いです。

転職活動をしているとなかなか決まらない焦りからオファーメールがきた時にこの企業でもいいかなとつい思いがちです。

しかし、その考えは非常に危険です。

今後働いていく企業を流れに身を任せては危険のため、焦らないようにしましょう。

対策としては転職口コミサイトと転職エージェントを利用し少しでもブラック企業に当たる確率を減らすこと。

もちろん内定をもらってから最終的に判断をすればよいですが、事前にブラック企業だとわかることは大きいです。

限られた時間での転職活動を有効活用できるので使えるサービスは積極的に使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA